仕事でコミュニケーション能力は必要か?最低限出来ていれば良い!

仕事のススメ

どうも!はじめんです。

コミュニケーション取るのが苦手な方多いですよね。

僕も全く得意ではありません。

上司と話すと、全然盛り上がらないし。

自分のことを話すのも苦手。

いわゆる、コミュ症というやつです。

仕事をする上でコミュニケーション能力は必須といえます。

ですが、最低限コミュニケーションが取れていれば仕事は問題なくこなすことが出来ます!

今回は、そんな最低限の方法を解説していきたいと思います。

社会人のコミュニケーションは報告

皆さんコミュニケーションといったらどんなことを想像しますか?

  • 世間話をすること
  • 上司の飲みに付き合うこと
  • 仕事内容を報告すること

いろいろあるとおもいます。

おそらく、上司とつまらない話を想像すると思います。

ですが、社会人のコミュニケーションとは報告をすることなんです。

つまらない世間話は無理にしなくても良い

あの上司の話、長いんだよね・・・つまらないし。と思った方は多いと思います。

僕も話しに付き合わされて、エスカレートして説教。という流れは鉄板でした。

ですが、これは実際に仕事に必要なのでしょうか?

実は、無駄なことなんです。

仕事において世間話はコミュニケーションとは言いません。

よっぽど手を動かしたほうが良いです。

世間話の上手な切り抜け方

では、どうやって世間話を抜け出そうか?こう考えますよね。

1番の方法は、仕事に戻りたそうにすることです。

「やりたいことがあるので戻りますね」

この一言があれば上司も止めはしません。

「まじめだねー」

といって会話は終了すると思います。

地味に、仕事熱心と思われるところもメリットです。

上司の飲み会もコミュニケーションとは言わない

飲ミニケーションという言葉がありますよね。

コミュニケーションをもじった言葉なのです。

もちろん上司の話を聞いたりすることは大切です。飲みの席でしか言えない事があるかもしれません。

ですが、飲みの席でしか言えない事はたいしたことはありません。

飲み会に参加しないと評価が下がると心配されている方は、1年に1回だけ参加する形をとってはどうでしょうか?

そうすれば、飲み会に来ない奴と言われることもなくなります。

僕の会社で1度も飲み会に来ない人もいますが、リーダーとして頑張っています。

飲み会が全てではないので安心して下さい。

報告こそがコミュニケーション

仕事においては、報告することがコミュニケーションです。

さらに言えば、報告・連絡・相談ですね。

これさえ出来ていれば、仕事のコミュニケーションは問題無しです。

僕も正直上司に興味がないので、話したいわけでもありません。

ですが仕事の報告であった場合は、しっかりと話します。

それによって、上司の仕事がスムーズになったりするわけです。

「お前はコミュニケーションが取れない」

といわれている方は、1度考えて見て下さい。

報告・連絡・相談はしていますか?

上司と話すのが嫌だからこれを怠っていませんか?

これさえ出来れば、コミュニケーション能力が無いとは言われません。

ぜひ、報告を心がけてみてください。

最低限のコミュニケーションは

最低限のコミュニケーションはしつこいようですが、報告です。

  • さっき起こったこと
  • 今起こっていること
  • これから起こりそうなこと
  • 何か異常を感じたとき

過去から未来を考えそれぞれを報告していくと良いと思います。

今すぐ報告するべきかの判断をするところは難しいです。

ですが悩んだらとりあえず報告しておけば間違いないです。

コミュニケーション能力が無いといわれた過去

僕自身、コミュニケーション能力が無いといわれたことがあります。

それは、上司が話しかけてきても面白い返しが出来ない。

世間話がまともにできないことだと思い込んでいました。

それによって、上司とも話すのが嫌になり尚更話さなくなってしまったんですね。

ですが、とあることをきっかけで報告・連絡・相談をしっかりとするようになりました。

すると、逆に上司のほうからも報告され、関係が円滑に進むようになりました。

なので、今来ている新入社員にはこの出来事を話して教え込んでいます。

まとめ

今回は、仕事におけるコミュニケーションについてまとめてみました。

職場でコミュニケーション能力でお悩みの方ぜひ参考にしてみてください。

円滑に上司と関係を進めるのであれば、報告だけは忘れないようにしましょう。

1年に1度の飲み会に参加しようと決意した方は、書き記事も参考にしてみてください。

コメント