【女子の工業高校進学はオススメ】工業高校に女子が進学するのはあり?なし?

工業高校のススメ

工業高校と言えば、男子が多いイメージですよね。

女子の先輩が工業高校に進学した話を聞かない。

といった方も多いと思います。

そんな不安を持っておられる方必見です。

実際に工業高校に通っていた女子と仲の良かった僕が聞いた意見を書いていきます。

・工業高校って女子いるの?

・女子だけど工業高校に進学してもいいのかな?

・工業高校に入学してもついていける?

こんな疑問にお答えしていきます。

工業高校の女子は2%

科にもよりますが、基本的に女子は少ない傾向にあります。

工業高校=男子校

というイメージが定着してしまっているからですね。

  • 進学先に入れない
  • 親が我が子を男だらけのところに生かせたくない

高校進学は、親との話し合いもありますから親が行かせたくない意見も多いです。

ここから、僕の友達の女子の意見も書いてみます。

女子が少ないことのデメリット

  • 女子同士の友達が出来ない。
  • 数少ない女子と相性が合わなかったら3年間絶望的
  • 周りが男子だらけで男臭い

デメリットしか無い。と思うかもしれません。

特に女子が少なかった場合、仲が悪くなると生活しづらい面はあります。

ですが、女子が少ないことのメリットもあるんです。

女友達の意見

女友達
女友達

女子が少ないから工業高校に進学を悩んでいるという方は心配しないでください。

女子だからこそ、周りがしっかりサポートしてくれます。

私も数少ない女子でしたが楽しく3年間生活できました。

女子の工業高校進学は大アリ

女子の工業高校進学は大アリです。

その理由付けるメリットがあるので紹介します。

進学大アリな理由

  • 進学に強い学校というメリットがある。
  • 工業専門知識を得ることができて、他の女子と差をつけることが出来る。
  • 委員長など男子がほとんどしてくれるので、前に立って発表することが少ない。
  • 女子なので皆優しくしてくれる。
  • 彼氏が出来る可能性が高い。
  • 学力はそこまで高くないため成績で上位に入れる確率が高い
  • 女子同士のどろどろした喧嘩がない

ざっと書いてこれだけの良さがあります。

同じ学校にいた女子は、製薬会社や大企業に就職した人は多かったです。

女友達の意見

女友達
女友達

進学や就職活動に関しては、先生がすごくサポートしてくれます。

企業によっては、女性のみの募集会社もあるので有利な場合もあります。

虫がいたり、重いものを持たないといけないときは、周りの男の子が全力で手伝ってくれますよ。

あと、彼氏が100%出来ると思います。

ですが、他の男の子が格好良く見えたりするので浮気はしちゃダメですよ笑

女子でも工業高校についていける

工業高校についていけるか心配な方は多いと思います。

  • 勉強についていけるか?
  • 機械音痴だけどついていけるか?
  • 専門的なこと何も知らないけど・・・

特に機械音痴だから工業高校は無理という考えは捨てても良いです。

工業といえば運動が得意で入学する人もいます。

中学から入るので全員が機械得意というわけではありません。

パソコンで文字が打てる程度であれば十分にやっていけますよ。

ものづくりが好きであればなお良い

工業高校といえば、もの作りで有名ですよね。

中学校であれば、「技術」が好きといった感じです。

ものが作るのが好きであればより授業が楽しくなります。

入学する科にもよるのですが

  • パソコンが得意
  • プラモデルが得意
  • ゲームが得意

男子であればこういったことが得意であればより伸びると言われていますね。

女子であれば

  • 裁縫が得意
  • 手先が器用
  • 料理が得意

こんなことが出来るとものづくりに生きてきます。

女友達の意見

女友達
女友達

入学当初はついていけるか心配でした。

分からないことばかりで、自分だけが置いていかれる気持ちでした。

ですが、周りの人も全然分かっておらず皆同じレベルであったことを理解してホッとした記憶があります笑

専門知識を学べることができることもあって、初心者でも分かりやすく先生が教えてくれます。

工業高校でついていけるか心配である方は安心して下さい。

絶対に上手くやっていけます。

工業高校は女子もやっていける

昔は、工業高校は男子しか入学しないという風潮がありました。

それは、女性が働かず家事をしてくれていた昔の話です。

現在は、女子の社会進出の活躍もめまぐるしいです。

製造業で活躍して引っ張っていく女性を目指しませんか?

下記記事に工業高校特徴をまとめた記事があるのでそれも参考にどうぞ。

コメント