【新社会人必見】上司に嫌われないために気をつけることまとめ

仕事のススメ

これから新社会人になられる方・新社会人になって間もない方、上司に仕事を教えられます。

上司に嫌われて、仕事が嫌になった・・・

なんて事になりたくないですよね。

実際に働き始めるわけですが、どんなことに気をつけないければいけないでしょうか?

もちろん、仕事をミスしないこと・遅刻などをしないことは当たり前です。

新社会人は、新社会人らしい立ち振る舞いをしなければなりません。

・新社会人の立ち振る舞いってどんな風にすればいいの?

・上司に嫌われない具体的な方法は?

こんな疑問を解決します!

新社会人のダメな立ち振る舞い

あなたの知識を披露しすぎてはダメ!

新社会人のときにやりがちなのですが、自分が知っている知識を語りすぎないでください。

上司目線から言えば、知識があることはすごいと認めます。

ですが、必要以上に知識を披露しすぎないでください。

披露しすぎると、上司から面倒くさがられて最後には、調子に乗ったやつになります。

具体的にどんなことか例えてみます、

溶接を学校で習っていたとして技術は、十分にあるとします。

あなたは、会社で効率の悪いやり方をしているなと思いました。

ここで、いきなり自分流のやり方で効率を上げよう!

なんて事をするのは、辞めてください。

会社には、会社のやり方があります。

そこで、新社会人のあなたが突然会社のやり方を無視したらどうでしょうか?

誰も良い気持ちにはなりません。

逆に上司から

「コイツいきなりなんなんだ・・・」

と思われてしまいます。

なので、いきなり自分流のやり方をするのは辞めてください。

もちろん即戦力とアピールしたい気持ちは分かります。

じゃあずっと効率悪いままでやら無いといけないのか!?

と思うかもしれませんがそういうことではありません。

少し仕事を覚えて新社会人と言われなくなったら、自分流にすればいいのです。

その時に改善提案として出すのも良いと思います。

あくまで、新社会人のタイミングでするのは良くないということです。

上司を下に見ない

上司は、自分よりも知識が無いから出来ない人なんだ。

なんてことは、絶対に考えないでください。

具体的に例えてみると、

上司の人が、方程式を解けずに迷っていました。

ここで、あなたが解けたとします。

すると上司よりもあなたの方が数学の力があることが分かります。

そんな時に、

この人こんな問題も解けないんだ。

こんな風に思って上司を下に見るのは辞めましょう。

少しでも下に見れば不思議と上司に伝わってしまうんです。

こんなことが伝わってしまうと、今後の社会人生活に影響を及ぼします。

新社会人の正しい立ち振る舞い

分からないことは聞く

もし、あなたが分からないことがあったらすぐに聞いてください。

上司の人は、分からないことが当然と思っています。

なので、安心して聞いてください。

逆に知ったような雰囲気を出して分からなかった時のほうが危険です。

こいつ、知っているなと思われて、教えてもらえなくなってしまいます。

知ったふりをして仕事をミスするほど、恥ずかしくて怖いことはありません。

挨拶は忘れない

これは、基本なのですが挨拶は忘れないでください。

おはようございますなどは、もちろんなのです。

ありがとうございました・分かりやすいです。

など、上司が教えてよかったと思える言葉も忘れないようにしてください。

上司目線として、説明分かりやすかったです。

なんていわれると、照れちゃいますね。

仕事は覚える意欲は出す

あなたが、仕事を覚えられなくて困っている場合もあると思います。

その時は、諦めるのではなくて、覚える意欲があることはアピールしてください。

具体的に言うと、質問を投げかけることが簡単です。

その時に、ふと思ったことを聞けばいいです。

仕事にやる気があるだけで上司の人は、教えてあげたいという気持ちが増します。

意欲が無くて、こいつ覚える気あるのかな?

と疑問を持たれると教える側も楽しくありません。

新社会人が上司に嫌われないためには純粋さがあれば良い

新社会人にしかないものは、純粋さです。

何も知らないところからのスタートとなります。

社会人を経験してどんどん成長していく過程を上司は見ることが出来ます。

上司目線で、新社会人が成長していくのはとても嬉しいことです。

成長して、仕事であなたと上司が相談し合うことができる未来があれば最高ですね!

親孝行ならぬ、上司孝行とでもいいましょうか。

純粋さを忘れず今後も仕事に取り組んでいってください!

嫌われてしまった後輩の話

実は、筆者の会社で有名な大学を卒業し頭の良い新人社員が入社したことがあります。

  • 頭がいい
  • 仕事が出来る
  • 動きも早い

仕事は完璧でした。

ですが、知識がありすぎる故に上司を知識で負かしてしまいました。

すると、一気に周りが離れていってしまった。

という事がありました。

上司は、

「あいつに教えても何でも知っているから教えなくても仕事できるらしいよ」

この一言でした。

社会人と、大学で得た知識を同じにするべきではないと筆者は思いました。

やはり、学生と社会人では知識の使い方が大きく違ってきます。

なので、皆さんも自分の知識の披露には注意してください。

下記記事に上司に一目置かれる方法をまとめてあるので参考にしてみてください。

コメント