【工業高校の就職】工業高校の就職率はなぜ高いのか?卒業生が3つの理由を解説!

工業高校のススメ

就職氷河期と言われる年でも、工業高校生の就職率って高いですよね。

ですが、どうして高いのか?と疑問を持ったことはありませんか?

大学生は、何社も面接を受けているのに対して工業高校生は1社しか基本受けないのです。

工業高校生の就職率が高い理由3つを解説します。

このような疑問が解決できます。

・なぜ工業高校生の就職率が高いのか?

・工業高校生が就職するまでの流れはどんな感じなの?

工業高校専用の就職募集がある

実は、工業高校専用の募集がかかってるんです。

地域に根ざした会社が、その地域の学校だけに出す募集です。

なので、競争率も低くほとんどの生徒が就職できるようになります。

企業側に、工業高校生用の募集枠が1つ確保されているんですね。

なので、面接に行って会社に落とされた。という事案もとても少ないです。

面接に言った際会社の人から

「募集は君一人で受かるのは当然だからリラックスして面接を受けてね」

と言われた生徒もいるくらいです。

一般の募集とは別なので就職率の高さにつながっているんです。

県外就職の希望は薄い

ここで注意なのですが地域に根ざした会社の募集が多いのでほとんどが県内就職となります。

県外の就職は数少ないです。

もちろん0と言うことはありませんがあったとしても隣の県にしかありません。

なぜ県外の企業の募集がないのかというと、県外の企業も自分の県の工業高校生を募集しているからです。

なので、わざわざ県外の工業高校に募集する必要がないんです。

もちろん、先生にお願いすれば段取りをしてくれる可能性があります。

どうしても行きたい企業があるのであれば1度先生に相談してみる価値はあります。

工業高校内で就職の流れ

まず、企業から求人が来ます。

この求人を先生がまとめて生徒に配布し、第一希望から第三希望まで記入します。

この希望を参考に学校内で成績を比較され校内で選定されます。

具体的に言うとA社の募集人数が1人で、同じ学校から3人の第一希望があった場合、3人の中で最も良い成績の人がその企業の面接を受けることが出来る切符を手にすることが出来ます。

この時だけは、友達も敵となります。

なので、勉強を怠ると自分の行きたい企業を受けることもできなくなってしまいます。

しっかりと勉強をして上位の成績をとるようにしましょう。

厳しいことを言いますが、成績が下位の人は上位の人に良い企業を取られてしまうので自分の希望の企業へいくことが困難となります。

就職できることと自分の希望の企業に行けるのは別なのが現実なのです。

就職の手続きは先生がほとんどしてくれる

工業高校では、ほとんど先生が就職の手続きをしてくれます。

そもそも、企業の募集を一覧にしてくれていますし、面接日の手続きや企業とのやりとりを全てしてくれます。

テレビで稀に、会社説明会が開かれたことがニュースになりますよね。

これは、大学生が自分でどんな会社なのか説明を見に行きます。

そして、自分がしたい仕事かどうかを判断するのですが、その後の面接の手続きなどは全部自分でやらなければなりません。

これに対して工業高校の生徒がやることといえば、

  • 企業の募集を見て行きたい企業を選ぶ
  • 履歴書を書く
  • 面接する日を先生から聞いて面接しにいく

たったこれだけなのです。

正直学生時代は、就職ってこんなに簡単なの?とも思ったくらいです。

ですが、社会人になってわかります。

どれだけ先生が頑張ってくれていたのか・・・

就職することはとても難しいんです。

先生が頑張る理由としては、生徒の事を思ってるのは当然ですが

やはり生徒を就職させることで先生本人の評価に繋がるので親身になってくれます。

就職先の先輩が頑張っている

募集のかかる企業というのは、工業高校を卒業した先輩が働いている確率はとても高いです。

その方々が仕事を頑張っているからこそ募集がかかります。

工業高校を卒業した先輩が企業で活躍しており、優秀な人材が新しく来てくれことを期待して募集してくれます。

優秀な人材が新しく来てくれるのは企業側にとってもメリットですよね。

実際に、同じ筆者の会社も同じ工業高校から募集していますが、優秀な人材が多く入ってくるのは事実です。

まとめ

工業高校の就職率の高い理由は、やはり就職に特化した学校であるからこそ就職までの手順が確立されていることにあります。

先輩や先生が頑張ってくれたおかげで現在の就職率がたたき出されているのです。

早く就職したい。と思う人はぜひ工業高校をおすすめします。

工業高校の就職に向いた理由が下記記事にまとめてありますので参考にしてみて下さい。

コメント